有料老人ホーム・介護施設の一発紹介!検索サイト

ボケでも入居可能な老人ホームをご紹介します

東京都稲城市/JR南武線「稲城長沼駅」

ニチイホーム 稲城

ニチイホーム 稲城

事業主体:(株)ニチイケアパレス

大阪府大阪市平野区/市営地下鉄谷町線「喜連瓜破駅」

ひだまりの家

ひだまりの家

事業主体:(株)ワンフォーオール

ご病状やご状態により受け入れが難しい場合がございますので、ご了承ください。

掲載している有料老人ホームが必ず受け入れができることを保証している訳ではありません。

ボケについて ボケとは?

ボケとは

「ボケ」とは、本来は漢字表記で「惚け」「暈け」などと書きます。

病名ではありませんが、昔から使われている言葉として現在も「もの忘れが増えた」等の状態を指す言葉として非常によく耳にします。

意味としては「はっきりしないこと」となりますが、現在は一般的に「認知症」に対して使われることが多いものです。

加齢によるもの忘れと病的な物忘れの違い

「ボケ」については、病的なもの忘れから、加齢によるもの忘れまで全てを含み使われます。

高齢になると「ボケがはじまったかな?」と心配される方も多いですが、加齢によって脳も老化しますので、多少なりとももの忘れは出てくるのが普通です。

重要なのは、加齢による単なるもの忘れなのか、病的なものなのか、という点です。

「年相応の物忘れ」か「病的な物忘れ」かの決め手になるのは、半年~1年程度の間に、症状が確実に進行しているかどうかになります。

疲れやストレス・寝不足時には、脳の働きが低下して、「物忘れ」をすることがあります。

「一時的な物忘れ」であれば進行はしないし、疲れやストレス・寝不足時が解消されれば治まると考えられます。

「病的な物忘れ」の場合は、アルツハイマー型の進行性疾患の可能性も考えられるので、初期には軽い物忘れ症状だったものが、徐々に物忘れがひどくなり、進行すると身体機能までに影響を及ぼすことが考えられます。

現在は、進行を遅らせるための薬が出ていますし、予防・介護のために福祉サービス(在宅介護や施設入居)を活用することもできます。一般的に多い脳の老化による「アルツハイマー型認知症」については現在も治療方法がありませんので、早めの発見・対策がとても重要となります。

ボケ予防には

  1. 食事が大切
    「ボケ」は生活習慣病でも発症する事があるといわれています。
    生活習慣病を予防するためには、バランスのとれた規則正しい食生活が大切になってきます。
    糖質・たんぱく質・脂肪・ビタミンB・ビタミンE・食物繊維・ミネラルなどが、脳を活性化させる必須栄養素になります。特に、魚や緑黄野菜を多く摂ることはボケ防止の効果が期待できるといわれています。
  2. 運動で体を動かす
    「物忘れ」「認知症」でもっともよくないのは「何もしない」ことです。
    運動不足は、体の活動能力を低下させ脳の活動も低下させてしまいます。
    適度な運動をすることで、脳の代謝や循環がよくなり「ボケ予防」につながります。
  3. 他人とのコミュニケーション
    一日中一人でいて、誰とも話をしないでいると、ボーっとしていることが多くなるため、考えることもなくなってしまいます。高齢になると活発な動きをすることもなくなることも多いので、なるべく多くの人とコミュニケーションを図ることが大切だと考えます。
  4. 脳を使う
    2.でも書いたように、もっともよくないのは「何もしない」ことです。
    なにもしないということは、ようするに「脳を使っていない。」「体を使っていない。」ということになります。
    脳を働かせるには、ものを考えたりすることが大切ですので、本を読んだり、クイズを解いたり、最近では「脳トレ」といったドリルなども本屋さんなどで見かけられます。

ピックアップ施設

大阪府茨木市/阪急京都線「茨木市駅」

はぴね茨木

はぴね茨木

事業主体:(株)ハッピーケア

千葉県千葉市緑区/JR外房線「土気駅」

あすみが丘グリーンヒルズ

あすみが丘グリーンヒルズ

事業主体:(株)あすみが丘グリーンヒルズ

東京都府中市/京王線「聖蹟桜ヶ丘駅」

フローレンスケア聖蹟桜ヶ丘

フローレンスケア聖蹟桜ヶ丘

事業主体:工藤建設(株)

ご病気でも入居可能な有料老人ホームをご紹介します

老人ホームは、基本的に介護が必要な方がご入居するものですが、お身体のご症状(ご病気)によっては入居できる施設と、そうでない施設がございます。

特に、重度のご病気をお持ちの方にとっては、専門的な医療を受けなければならない場合があり、それに対応できない施設に入居されてもスタッフがうまく対応できないなどの問題も起きてきます。

その場合、例えば認知症なら、一般的な施設よりも、認知症を専門にしている施設に入居された方がスムーズに対応でき、安心感もあると思います。

しかし、一般の方にとりましては、どこの老人ホームが認知症に対応しているのか、認知症を専門に対応しているのか、お探しするのに困難が伴うと思われます。

そこで当センターでは、介護経験のある専門の相談員が、無料で希望の介護施設をご紹介しています。

まずは相談員がお客様のお身体のご状態をお伺いさせていただき、全国約4000件の中から、ご病気の方でも入居可能な老人ホームをピックアップし、ご紹介します。

ご病気でお困りの方は、ぜひ一度当センターまでご相談ください。

老人ホーム全国ネットとは?

事業者様へ

掲載老人ホーム募集中!
~入居募集広告・PRなら~

無料でホームのPRができます!

無駄な広告費をかけずに効果的なPRができます。

ケアマネ・医療スタッフの方へ
~お客様ご紹介キャンペーン~

入居検討者をご紹介下さい!

1万円プレゼント中!

クライアント様の声

老人ホーム全国ネットを使ってよかった!ご利用いただいているクライアント様の声をご紹介します。

老人ホームに見学・入居した乾燥を書くとQUOカードプレゼント

後悔しないための必読書

高級老人ホーム・介護施設特集

東京新宿店でご希望のホームのパンフレット差し上げます

ご紹介の流れ

お客様からお問合わせを受けます。

担当者が詳しいお話をお伺いします。

お客様のご希望条件に適う老人ホームをピックアップし、ご紹介します。

お気に召す所があれば、見学や体験入居を通してお話を進めていただきます。

一発検索

提携サービス

身の回りのトラブルは法律のプロに相談

介護家族の毎日をサポートする

老人ホーム全国ネット twitter

老人ホーム全国ネット Instagram

共有のお願い

この記事はお役に立ちましたか?

同じように老人ホームを探している方のお役に立ちそうだと思っていただけましたら、下のボタンで共有してください。

希望のホーム探しの全国無料相談受付中

老人ホーム全国ネットでは、お客様のご希望をお伺いし、

条件に見合ったホームをご紹介しています。

パンフレット一括請求、見学予約など全て無料で行っております。

お気軽にご相談ください。

0120-607-013

後悔しない老人ホームの選び方をコッソリ
教えちゃいます!見なきゃソンの情報満載です!

7つのポイント

パンフレット一括請求、見学予約など全て無料で行っております。

お気軽にご相談ください。

0120607013 メール相談する 無料相談・お問合せ